本文へスキップ

修了後の進路(就職状況)future


 進学先   OBからのアドバイス

進路状況について

教育方針イメージ  機械科学系専攻には、毎年、学生の数倍に及ぶ多くの企業から求人がきます。OBの活躍する企業からは公募とは別に大学推薦で採用を決める募集もあります。専攻ではこれらの信頼に応えるために、日々人材育成に力を入れています。また、就職担当教授がおり、企業の求める人材と希望学生をマッチングさせて推薦状を発行したり、企業との対応、学生の相談にあたっています。
 以下に過去3年間の就職状況を示します。学部学生では大学院進学も多くいます。就職先は多岐にわたっています。自分にあった進路を選択することが可能です。

平成28年度就職先一覧

学部生(31名)
AIRDO,IHIターボ,JR東日本テクノロジー,KYB,NOK,SMC,アイチコーポレーション,アックスコンサルティング,いすゞ自動車,イワキ,カルソニックカンセイ,公務員(東京都),国家公務員,ジャムコ,東京エレクトロン,東京都庁,トーソー,ナブテスコ,西川計測,パイオニア,日立ニコトランスミッション,ポッカサッポロフード&ビバレッジ,マクニカ,ヤマハ発動機(2),レオ・ラボ,レッドバロン,江崎グリコ,大林組,日立アプライアンス,日立製作所
※大学院進学:59名(埼玉大学、早稲田大学、東北大学、東京大学)

大学院生(64名)
IHI,IMC,NOK,THK,アズビル,アルプス電気,いすゞ自動車(2),花王,学研プラス,カルソニックカンセイ,川崎重工業(2),キヤノン(3),キヤノン・コンポ−ネンツ,クボタ,ジヤトコ,住友重機械工業,住友電気工業,セイコーエプソン,ダイキン工業,大正製薬,タダノ,ディスコ,東海旅客鉄道,東京エレクトロン,東京精密,東芝メディカルシステムズ,トヨタ自動車(4),日産自動車(2),日清食品,日本信号,日本電気,日本郵船,パナソニック・エコソリューションズ,日野自動車,富士重工業,富士通,富士電機(2),古河機械金属(2),本田技研工業(2),マツダ自動車,三菱重工業,三菱電機(2),ミドリ安全,武藤工業,村田機械,明電舎,ヤマハ発動機,関東経済産業局,国家公務員,三共ラヂエーター,椿本チエイン,日野自動車

平成27年度就職先一覧 


 ※学部では63名が大学院博士前期課程(他大学含む)に進学しています。
 ※右欄(大学院):トヨタ自動車は3名、NOKは2名、DMG森精機を追加
 ※左欄(学部):カルソニック3名、JR東日本追加

平成26年度就職先一覧


 ※学部では70名が大学院博士前期課程(他大学含む)に進学しています。




OBからのメッセージ 〜大学院生活と就活〜

教育方針イメージ

 ここでは、社会人として活躍するOBに、大学院での学生生活と就職活動についてメッセージを寄せてもらいました。
機械科学系専攻で学んだ先に見えてくる皆さんの将来について想像してみませんか。







就活で参考になった”産学連携”と”OBのアドバイス”

教育方針イメージ

山内 友貴さん
(東京都立産業技術研究センター 事業化支援本部)
(2009年度 機械科学系専攻修了 修士(工学))

 私は高専から編入し、その後大学院に進学しました。まず大学に進学して良かったと感じる点は研究です。埼玉大学は企業や理化学研究所との共同研究が盛んで、公募型研究資金を獲得し高いレベルの研究を行っています。そんな環境で研究できたことは自分の成長につながりました。産学連携を通して企業や公的機関の情報を多面的に知ることもできました。就職活動ではOBからアドバイスを頂戴する機会も多く、大いに参考になりました。
 

大学院での積極的な学びがポイント!

教育方針イメージ

石田 雄一さん
(大日本印刷株式会社 技術開発センター)
2013年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 埼玉大学の機械科学系専攻では、材料や加工の知識を学ぶだけでなく、その知識をものづくりで実践する機会が多くあります。そのため就職活動では自分がどのような技術を持ち、企業に貢献できるかを具体的に提案することができました。積極的に学んで技術を身につけて下さい。

大学院は自分の土台を築くところ

教育方針イメージ 大橋 一樹さん
(信越ポリマー株式会社 技術生産本部)
2014年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 埼玉大学の機械科学系専攻は様々な研究分野の先生方がいらっしゃいます。これにより幅広い知識を身につけることができますし、修士研究ではより自分にあった分野を選ぶことができます。むろん、大学院で学んだことがそのまますぐに会社業務に活かされる訳ではありませんが、業務を行う土台として大いに活かされていると思います。とくに修士研究を通して学んだ課題へのアプローチ方法や取り組む姿勢は大いに役立っています。現在、進学準備をされている皆さんは大きな岐路に立ち、きっと期待と不安が入り交じった複雑な心境にあろうかと思います。自分の選択に対し、ベストが尽くせるように精一杯頑張って下さい。 

外部との盛んな交流が魅力の一つ

教育方針イメージ 金羽木 惇二さん
(三菱レイヨン(株)生産技術研究所)
2014年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 機械科学系専攻では、材料、加工、設計、制御など専門分野が多岐に亘っているため、講義で多様な知識を得ることができました。大学院では学会や展示会に参加する機会も多く、自分の研究を他人に分かってもらえるようにアピールすることを心がけ、外部の大学の先生や学生、企業の方々と有意義な討論をすることができました。また、そこでは自分の研究を思いもよらない角度から眺めることができ、専門知識を広く深く習得することができました。お陰で就職活動の際には、客観的な見方で自分の研究を分析して、自分の考えを伝えることができました。最後に、有意義な大学院生活を送りたいと思っている皆さんにとって、埼玉大学大学院はその期待に応えてくれるところだと思います。是非、自分をブラッシュアップするために精一杯がんばってください。 

他大学から埼玉大学大学院へ その理由は研究環境! 

教育方針イメージ

永嶋 雅俊さん
(本田技研工業)
2016年 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 私は子供の頃からものづくりが好きでした。高校生になり進学先を考えていた時、「なぜ車は走るのだろう?」「そもそもどうやって作られているのだろう?」これらの疑問の答えを知りたくて実学が学べる私学の機械工学科に進学しました。卒業間近になって、今後は研究に専念したいと思うようになりました。そこで研究環境の整っている埼玉大学大学院への進学を決めました。ここでは自由な発想で新しい研究を進めることができ、日々楽しみながら研究ができました。 今は夢かなって自動車会社に勤務しています。

さいたまは暮らしやすさが魅力

目標イメージ

大野 暁人さん
(住友電工)
2016年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 埼玉大学の良いところを3つ紹介します。1つ目は全ての学部が一つのキャンパスに集まっているため、様々な考えをもつ人と交流できることです。自分の専門にとらわれずに広い考え方を身につけることができます。2つ目は研究を進める環境が揃っていることです。分析装置や実験装置が豊富で,知りたいことやしてみたいことを試せる環境が埼玉大学にはあります。3つ目は値段が安いスーパーがいくつもあることです.食費などを安くすませることができ、一人暮らしの学生にはうれしい環境でした。

一歩踏み出す勇気が与えてくれた宝物

教育方針イメージ

本明 拓也さん
(キヤノン)
2016年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 岩手から一歩踏み出す勇気を持ってさいたまに来ました。現役中は友人とルームシェアをして暮らしていました。格安の家賃で住めるだけでなく、友達と遊んだり、夢を語り合ったりしました。大学の周辺にはアパートが多くいつも周りには沢山の友達や先輩がいて楽しく充実した毎日でした。キャンパスは都心に近いのですが、壮大な緑と綺麗な夜景を堪能でき、地方出身の私には何処となくホッとできる雰囲気が気に入っていました。あのキャンパスで沢山の経験をしたことは私の宝物になっています。

さいたまで青春を楽しもう 〜都会と地方 調和のとれた街〜

教育方針イメージ

細川 仁志さん
(東京精密)
2016年度 機械科学系専攻修了 修士(工学) 

 大学近くで一人暮らしをしていました。大学周辺は家賃も安いため学生の大半は一人暮らしをしており、友達の家に行き夜遅くまで遊ぶことも多々ありました。また、休日には秋ヶ瀬公園でスポーツやBBQなどをして楽しみました。東京へのアクセスも良く都心で遊びたい人にとっても最高の立地です。埼玉大学は地方と都会の両方を味わえる最高の場所だと思います。

自身の可能性を広げてくれた大学

教育方針イメージ

金子 洋平さん
(ディスコ)
2016年度 機械科学系専攻修了 修士(工学)

 私は大学入学とともに新潟から上京しました。日本海側の地域は曇りの日が多いのですが、さいたまに来たら晴天の日が多く、冬でも晴れやかな気持ちで毎日を過ごすことができました。これもさいたまの魅力の一つだと感じています。また、就活イベントは東京で開催されることが多く、これらに積極的に参加できる地域に大学があることは重要だと感じています。さいたまは都心まで30分で出られるため、インターンシップなどにも参加でき、私は4月に志望する企業の内定を頂きました。埼玉大学は私の可能性を広げてくれたと実感しています。



ナビゲーション

information